HOME  
日本プランクトン学会報 投稿規定・原稿の書き方
  日本プランクトン学会報投稿規定
 日本プランクトン学会報に投稿できる原稿は原著論文,総説,短報,シンポジウムおよび研究集会の報文,研究情報,書評,論文抄録,その他編集委員会の企画した連載記事などとし,原著論文,総説,短報は他の学術誌に印刷されたことがなく,また印刷予定のないものに限られる.すでに印刷された図表ならびに本文200語以上の引用にあたっては,著者の責任において版権所有者の許諾を得るものとする.
投稿資格: 投稿者は本学会会員に限るが,その他の共著者を含むことは差し支えない.但し,非会員であっても編集委員会が投稿を依頼した場合などはこの限りではない.
用  語: 報文の用語は和文とするが,原著論文,総説,短報の要旨と図表の説明文には必ず英語を用いる.その他の原稿の図表の説明文はこの限りではない.
原稿送付: 原稿は図表を含め,編集委員長宛(gakkaiho@plankton.jp)に送付すること.
原稿受理: 本学会報へ投稿された原著論文,総説,短報の受理は校閲審査の結果をもって決定する.その他の原稿採択の可否は編集委員会が判断する.
印 刷 費: 報文の種類にかかわらず,1編の印刷費は5ページまでは無料とし,6ページ目からはページ当たり7,000円の著者負担とする.ただし編集委員会が依頼した報文にはページチャージは課さない.また,アート紙の使用や多色刷等の特殊経費は著者負担とする.
校  正: 初校は著者が行い,再校は原則として編集委員が初校に基づいて行う.著者校正では,印刷所のミスによる誤り以外の訂正,変更をしてはならない.やむをえず変更するときの経費は著者負担とする.
別  刷: 編集委員会が依頼した報文についてのみ50部の別刷料金を負担する.
著 作 権: 掲載されたすべての報文の著作権は日本プランクトン学会が所有する.
そ の 他: 原稿作成にあったては,最新号に掲載の"日本プランクトン学会報投稿原稿の書き方"を参照すること.
  日本プランクトン学会報投稿原稿の書き方(外部リンク)