HOME  
シンポジウム・研究集会の案内
2018年度春季シンポジウム
プランクトン研究、感性への原点回帰と新たな価値の創出
   

主  催

日本プランクトン学会

共  催

日本海洋学会

開 催 日

2018年3月25日(日)13:00-17:00

場  所

東京海洋大学 品川キャンパス 白鷹館1F 講義室

コンビーナー

田所和明・桑田晃(東北区水産研究所)、千葉早苗(UNEP-WCMC・海洋研究開発機構)、奥 修(ミクロワールドサービス)

趣旨

 プランクトンは海洋の生物生産の根幹を担う重要な生物群集であり、物質を高次栄養段階や繋ぐ重要な役割も果たしている。また種によっては鉛直移動などによって物質を深層へ運ぶ役割も果たしている。このようなことから水産や二酸化炭素のシンクといった人間社会に対する機能的な役割の観点から研究が進んでいる。一方で、研究の原点に立ち返ると19世紀、チャレンジャー号によって本格的な海洋調査が行われることで、プランクトンを含む海洋生物学の礎がつくられた。また同時期にドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルによって美しいプランクトンの生物画が描かれ、その後の研究の啓蒙に大きく貢献した。そのような研究の黎明期においてそれらの活動を動機付けたのは、自然に対する好奇心や美的な魅力といった感覚的な要素も大きかったと思われる。翻って、現在の欧米を見てみると、原点を回顧するかのような感性の要素と最新の科学を融合しその相乗効果を模索する試みが盛んに行われている。また科学と芸術のコラボレーションを目的としたそのための学部が創設されまたプロジェクトも多数進行しており、従来にない新たな価値が生み出されている。 新たな価値は科学リテラシーや、シチズンサイエンス、経済活動と結びつくことで、社会的な重要性を増していく。現在の経済活動はグローバルスケールで連鎖しており、従ってこのようなトレンドは欧米だけでなく、近い将来世界中に広がりつつある 広がっていくものと思われる。以上のことから本シンポジウムではこのようなトレンドの中で、我が国でのプランクトン研究の新たな方向性を探ることを目的に、研究の過去と現在を概観しさらに新たな価値の創出と経済・社会との関係について議論したい。

講演予定者

  1. 奥修(ミクロワールドサービス)
  2. 加藤(齋藤)めぐみ(国立科学博物館)
  3. 鈴木紀毅(東北大学)
  4. 木元克典(海洋研究開発機構)
  5. 嶋田宏(北海道中央水試)
  6. 下出信次(横浜国立大)
  7. 豊川雅哉(西海区水研)
  8. 齊藤宏明(東大大気海洋研)
  9. 坂田明(ミュージシャン)
  10. 柴田昌平(プロダクションエイシア)
  11. 千葉早苗(UNEP-WCMC・海洋研究開発機構)
<総会と懇親会のお知らせ>
シンポジウム終了後、同会場において2017年度日本プランクトン学会総会を行います。また、総会終了後、日本プランクトン学会懇親会を予定しております。